Windows10 アップグレード 再インストール アップデート

Windows10 アップグレード

現在も無料でアップグレードできますので7や8を使い続ける方も一度Windows10へアップグレードして権利だけ取得しておくことをおすすめします。
一度アップグレードしてPCの構成とWindows10を紐付けしておくといつでもWinsows10にすることが出来ます。(ライセンスキーの入力なしで)
Windows10にアップグレードした後、一定期間内であれば元のWindowsのバージョン(7や8)に戻すことが出来ますのでやっておいたほうがいいです。

インストールメディアが無くてもマイクロソフトからメディア作成ツールをダウンロードすれば簡単に作れます。
作成しておくと、Winsows10のトラブル発生時に修復や起動メディアとしても使えます。

Windows10は7と8のいいとこ取りしたような感じなので7からも8からもすんなり移行できると思います。(使い方が劇的に変化してわからないという心配はいりません。)

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

win10 1-2.png
(Windows7 でアクセスした画面)

Windows10 再インストール 最新バージョンへアップデート

一度Windows10をインストールしたPCであれば再インストールの際プロダクトキーの入力は不要です。

今回、Windows10が起動しなくなってしまったので再インストールしました。
レジストリをいじって起動不可能に陥りました。
起動画面でトラブル解決のメニューをすべて試しましたが復旧できず。(復元ポイントを作成しておけば助かったかもしれませんが作成していなかった。)
インストールメディアでの復旧もできず、初期化もできず。

再インストールで個人フォルダを引き継ぐインストールはWindows10が正常に起動している状態でインストールしないと出来ないようでインストールメディアからのPC起動だとクリーンインストールしかできないようだ。
急いで個人フォルダをコピーして別のHDDに保存し、Windows10をクリーンインストールした。
途中のプロダクトキー入力画面では「キーはありません」を選択。
何度か再起動をしながらインストール完了。

最初の再起動の際にインストールメディアを取り外さないと外すまで永遠に最初のインストール設定を繰り返す。
(二度繰り返した為、インストール完了後WindowsOldフォルダが2つ作成された。)
個人フォルダを別に保存しなくてもWindowsOldフォルダの中に残されていたので無駄足だった。
WindowsOldフォルダは一定期間後削除されるらしいので必要な個人フォルダは新規インストールで作成されたフォルダに早めに移すかコピーしておいたほうがいい。
これが削除されたタイミングで元のバージョンのOSに戻ることも不可能になる。
(バックアップソフトなどでバックアップを取っていれば可能。)

再インストールしたWindows10は1つ前のバージョンだったのでWindows Updateでアップデートしようとしても後日自動でアップデートするという文面が出て即アップデートできないようなので強制的にアップデートして再インストール前の状態にする。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

win10 1-1.png
(上記と同じURLだがWindows10からアクセスすると 今すぐアップデートのアップデートアシスタントのダウンロードリンクが表示される)

アップデートアシスタントで最新バージョンにすれば待たなくて済みます。

win10 2.png

あとはインストールしていたプログラムを再インストールしたりWindowsOldフォルダから個人フォルダの中身を現在のフォルダへ移せば元通りに。


トップページ(下に記事一覧)に戻る