HP ProLiant ML110 G3 前面吸気スリットにフィルターを付ける

HP ProLiant ML110 G3

ML110G3 8

前面カバー(①)を外して裏側に換気扇フィルター(不織布のようなもの)の端材を型取りしたものを挟んでケースに取り付けました。

注意点としましては隙間などがないように型取りしたことくらいです。
(空気は抵抗が無いところを通りやすいので。)

空気の導入効率とホコリよけのベストバランスを考えたいのですが、身近なものでなるべくお金をかけない工夫をしたいと思っております。

この機種はうるさいくらいのCPUファンが標準で装備されているので多少の空気抵抗は問題ないかと思われます。

サイドフロー型のCUPファンとヒートシンクは掃除がしにくいし(外せばいいが面倒。)、ホコリのつまり具合も確認しづらい。

まだやっておりませんが、仕切りを作ってできるだけメモリの近くを通ってからCPUファンに空気が流れるようにしようと模索中です。
素材は開いたアルミ缶がいいかと検討しておりますが、コンビニ弁当の透明の蓋も加工しやすくていいのではと思っております。
見えるところではないし、一生物ではないのでお金をかけずに作るつもりです。

最近のアクリル透明パーツを使ったPCケースでLED付きファンなどを使用しているようなものだったら透明アクリル板などを使って文字やイラストなんかも入れたりしてでかっこよく作りたいですけどね。

年を取ると面倒臭くなってしまい、こだわって作って自己満足に浸ることもなくなってきている。


後日画像を上げたいと思います。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
トップページ(下に記事一覧)に戻る