Fujitsu LIFEBOOK E780/A windows7からwindows10へアップグレード

法人PC入れ替えの為の再生PCということで入手した富士通 法人向けノートパソコン FUJITSU LIFEBOOK E780/A

E780A 3-1.jpg

Windows 7 Professional(32bit)がインストールされていた。(標準)
HDDにリカバリー領域があり、メディアの付属はなし。
Windows Vista® Business with SP2 やWindows® XP Professional SP3(Windows® 7 Professional 正規版ダウングレード権行使)じゃなくてよかった。
マイクロソフトオフィスの付属もなし。
搭載されていたメモリは1GBだった。(しょぼい)

まず8GBにメモリ増設した。
(メーカー推奨最大容量は4GB。詳しくは前回の記事を参照。)
その後OS(Windows7)を32bitから64bitへ変更した。
(64bitじゃないとメモリ増設の恩恵が受けられないから、インストールしなおした。)
(ウィンドウズ7 64ビットの要件が2GBなので先にメモリ増設したほうがいい。)

ウィンドウズ7の32ビットから64ビット化やウィンドウズ10インストールでも紆余曲折ありましたので後日記事にできたらと思ってます。

ウィンドウズ10への無料アップグレードの期間が迫ってきたのでとりあえずアップグレードしてみた。
使い勝手が悪ければウィンドウズ7に戻すつもりで。

※富士通公式のWindows10アップグレード対象機種からは外れています。(やられる方は自己責任でお願いします。もちろんサポートは受けられません。)
※機種の構成を見るとWindows10の要件を満たしています。

※この記事は思い出しながらかなり遅れて書いています。
二度手間三度手間したことはあえて書いておりません。

============================================

ウィンドウズ10無料アップグレードアイコンから予約を入れる。
数日待っても変化がなかったので、インストールメディア作成ツールを使いUSBメモリに作成。

============================================

USBメモリからウィンドウズ10をインストール。
CPUが対応していないとかエラーが出てインストール失敗しましたが、BIOS設定からだったかコマンドプロンプトからだったか忘れましたがNX bitをオンにした記憶があります。
時間が無いのにこんなつまづくはずのない項目ではじかれたりしたので焦りました。
実際にNX bitの項目がオンになっているかの確認はコマンドプロンプトで確認した覚えがあります。
Windows 10 Upgrade Advisorも使用してインストール失敗の原因を見つけてその項目を解消していきました。
他機種についても同様に同時進行していましたのでインストール失敗の原因が見つかったら他機種でも対策するという感じで。

結果、無事Windows10 64bitにアップグレードできました。

E780A win10 1.png


ん?
タッチパッドのスクロールボタンが効かない。
片っ端からドライバーを試して何とかなりました。
(正確に言うとウィンドウズ7 64ビット化してからスクロールボタンが効かない。)
これも後日記事にしたいと思います。

============================================

Windows 10 Anniversary Update 1607 無事終了。

特に不具合なし。

============================================

Windows 10 Creators Update 1703 無事終了。

特に不具合なし。

E780A win10 2.png


============================================

1709 fall creators update
1803 april 2018 update

特に問題なし。

富士通 FMV ESPRIMO DH
トップページ(下に記事一覧)に戻る