Fujitsu LIFEBOOK E780/A E780/Bとの比較

富士通 法人向け ノートパソコン LIFEBOOK E780/B

E780A 4-1.png

HP E780B 1.png


CPU比較
E780/A:インテル® Core™ i7 -620M(2.66GHz)
E780/B:インテル® Core™ i7 -640M(2.80GHz)
E780/A:インテル® Core™ i5 -520M(2.40GHz)
E780/B:インテル® Core™ i5 -560M(2.66GHz)  
E780/A:インテル® Core™ i3 -350M(2.26GHz)
E780/B:インテル® Core™ i3 -380M(2.53GHz)

チップセットは共通  モバイルインテル® QM57 Express

ということは ソケット形状がマザーボードとCPUをハンダで直づけにするタイプの BGA1288じゃなく、PGA988ならば後発のインテル® Core™ i5やi7も搭載可能。
(開けて見ていないのでわからないが。)

(グラフィックボードを搭載することが出来れば、
インテル® Core™ i7-940XM プロセッサー・エクストリーム・エディション (2.13 GHz)をはじめ4コアのCore™ i7シリーズも視野にいれることができるかもしれない。

それはさておき、ほぼ仕様が同じということがわかった。
E780/Aでサポートしていない項目でE780/Bがサポートや選択可能な項目が適用できる。

HP E780B 2.png


サポートOSの項目にWindows7 Professional(64bit)、Enterprise(64bit)。
メインメモリ最大(32bit)8GB。
(64bitで(―)となっているのが不思議。むしろ64bit OSのほうに記載するべきじゃないか。)

注53: 64bit版 OS搭載モデルでは非対応となります。の注53がどこにあるのか気になったがわからないまま。

ということで今までの記事で書いたこと(やってきたこと)の満足感が半減してしまいました。
こっちを調べるのが先だったら苦労も半分以下で済んだだろう。

富士通USAにしてもそうだ。やる前に知ることができていれば。

次回はWindows10での 不明なデバイスのドライバー適用について書きます。(完全に過去記事とかぶるとおもっていましたが、違うデバイスが不明となっています。)

富士通 FMV ESPRIMO DH
トップページ(下に記事一覧)に戻る